MDRPU対策は、“器具を使いはじめるとき”から。

医療現場での器具による肌トラブルは「医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)」と呼ばれ、学術集会等で大きく取り上げられる通り、いま対策が大きく求められています。 患者さんの肌の状態などから発生の可能性をアセスメントし、発生する前(器具の装着時)に予防的に対処をすることが極めて重要と言われます。

・さまざまな器具によるMDRPU発生例・

9b896f14a32c621fcc9c66acb5c555fd-1024x619.jpg

出典:「MDRPUポスター」一般社団法人日本褥瘡学会



切って貼るだけで、誰でもどこでも、カンタン肌ストレス対策

2021_jspu_23rd_exhibition.jpg

器具のこすれや圧迫等からしっかり肌を守る、薄くて弾力のある「クッション・ドレッシング」。
すぐれた通気性でムレやかぶれも起きにくく器具による肌ストレスを減らして、快適に器具を使い続けられます。
痛みや赤みなどの肌異常が起きないように、ぜひ器具をつける前に、肌や器具に貼ってください。
カットして貼るだけで、さまざまな器具の圧迫を軽減。患者さんの快適で効率的な治療の継続を実現します。

2021_jspu_23rd_exhibition2.jpg



●器具を快適に使い続けられる秘訣は、薄くてクッション性の高い特殊素材。


2021_jspu_23rd_exhibition3.jpg


●いつでもどこにでも、カンタン肌ストレス対策。

2021_jspu_23rd_exhibition4.jpg


器具のこすれや圧迫等からしっかり肌を守る、薄くて弾力のあるクッション・ドレッシング「ココロール」で、MDRPUを予防しましょう!


▼【2分動画でわかる】クッション材を選ぶ3つのポイント ▼


もっと詳しくは、製品ページへ


無償サンプルお申し込みはこちら




【NEW】“血管留置カテーテル”の圧迫、痛くなる前に、1枚貼るだけのカンタンケア。

2021_jspu_23rd_exhibition5.jpg

カテーテルのロック部分の下に貼って、圧迫から肌を守る「クッション・ドレッシング(滅菌)」。
医療リスクにつながりかねない圧迫による痛みを、痛みが起きる前から貼っておくことで、事前にケア。
いまの点滴固定に1枚プラスするだけで、痛みによって起こるさまざまな手間やリスクを削減します。

2021_jspu_23rd_exhibition6.jpg

↑ロックナット部分の下に貼るだけで、圧迫をしっかり軽減。


●「カテーテル専用」の理想を追求した高機能クッション材

カテーテルの圧迫緩和に最適なクッション性で、痛みの原因となる圧迫をしっかり吸収します。 薄くて重ね貼りもでき、カテーテルを安定して支えます。

2021_jspu_23rd_exhibition7.jpg


●使いやすく、導入しやすい

専用の切り抜きタイプで、誰でもすぐ貼れて、今の処置にプラスするだけの手軽さです。 滅菌タイプだから、刺入部にも安心して貼れます。

2021_jspu_23rd_exhibition8.jpg

もっと詳しくは、製品ページへ


無償サンプルお申し込みはこちら



サンプルお申込みフォーム


無償サンプルをご希望の方は、このフォームからお申し込みください。
ご希望のサンプルにチェックを付けていただき、下記フォームに必要事項をご入力ください。
個人情報保護方針にご同意の上、送信ボタンを押してください。

(※)印の項目は入力必須です。